人や生き物、そして地球も健やかに!植物は地球のお母さんのよう。地球のすべての生き物を養ってくれています。僕やあなたが生きているのも植物のおかげです。植物性ミネラルの重要性とか、自分、生命、地球、宇宙について、その日に思い浮かんだことを書いていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Something Great 09:40
この広い宇宙には、なにか偉大な存在があって、宇宙の調和を保っている。
古来より神、仏などのような名称であがめられたたえられてきた。
さまざまな宗教が世界中にあって、平和を造りだす元になったり、
戦争の原因、あるいは領土を拡大するための手段として
宣教が行われたりもした。時には人々の自由を束縛することにもなっている。
しかし、なにか偉大なものが存在することは、昔から考えられ、感じられてきたのに違いない。

自然の中に入っていくと、何もかもが自然でギクシャクしたとこがない。
平和や調和がそこにはある。
宇宙の運行を見てみよう。
太陽系の惑星は、ケプラーの法則に従って運行している。
他の天体の惑星もそうであろう。
宇宙の中の調和を明らかにすることを自分の使命と考えて、ケプラーは研鑽を重ねた。

本当に大自然、宇宙は大きくて計り知れない。
宇宙の果てがあるのか、果てがあればその先はどうなっているのか。
宇宙の全体と物質を造る原子の微小な世界が一つにつながっているのかな。
わからないことだらけだ。

でも、なにか宇宙の背後には宇宙全体を調和の内に統べているSomething Great(なにか偉大なもの)がありそうだ。
今、進化論の創始者ダーウィン展をやっている。
しかし、ダーウィンですら人間の眼の構造など複雑な器官が偶然の偶然の結果、
本当に進化してできあがったのか疑問に思ったそうだ。

ノーベル賞を受賞したJ.モノーは人類が偶然に進化して出来上がってくる確率は0であるといっている。
これからの科学は、20世紀には到達できなかった世界へ突入していくだろう。
それは、おそらくこれまでの物質世界とは違ったもう一つの世界の解明になるだろう。
昔流に言うとそれは、霊の世界なのかもしれない。
死後の世界があるのか、ないのか、こんなことばかり考えていると
現実の生活から遊離して、生活が破綻するよ。

しかし、科学は真理を究めようとする。
近い将来、科学が我々の眼にする世界以外の世界、もう一つの世界を見出すだろう。
それは、素粒子によって存在している世界なのかもしれない。
宇宙の調和は、このようなもう一つの世界によって秩序づけられ存続しているのではないか。

しっかりと現実の生活に足をおろしながら、
世の中の人々にご恩返しをしながら、
家族を養い、地域の人々と良い関係を築きながら、
美しい芸術や宇宙の真理を探究していけたらと思います。
宇宙のSomething Greatは、我々を愛し我々の平和と繁栄、幸せを願っていて、
戦争や自然環境の破壊、一部の人々の幸福だけを願っているのではない。

今日は、僕のコアになる部分の本心がポロッとでちゃった。
いつも、こんなこと考えているわけじゃないけど、
人間の健康、地球環境の保全、世界の平和も、
上に書いて、少し触れた存在の根源的な問いかけにつながっているようなのです。

そんなにきどらないで!
私を見てちょうだい。科学・哲学・芸術そんなの関係ない!
私は輝いているのよ。
私の中に宇宙のすべてがあることを忘れないで!
私とひとつになりなさい!

| - | comments(4) | trackbacks(0) | posted by 宇城正和、Kazu
スポンサーサイト 09:40
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








初めてコメントいたします。

素晴らしい文章に感動しています。
精神の深い部分を、こんなにわかりやすい言葉で表現し、他者に伝えることができる宇城さんが、本当にうらやましいです。

>宇宙のSomething Greatは、我々を愛し我々の平和と繁栄、幸せを願っていて、
戦争や自然環境の破壊、一部の人々の幸福だけを願っているのではない。

私も同じように感じます。現実から離れることなく、Somethig Grateの意志に沿うように生きていけたらと感じます。

ブログを読ませていただき、いつも「この方はすごいことを言っている!!」とビビッときます。

これからも色々なこと教えてくださいm(..)m
posted by ごまちゃん♪ | 2008/03/24 10:46 AM |
共感していただいてありがとう。

Something Greatの名付け親は、筑波大学名誉教授の村上和雄先生です。DNAの遺伝子の仕組みを研究されてきて、このようなすごい仕組みには宇宙の背後ではたらく、何かとてつもない知性の存在を感じられ、その存在をSomething Greatと呼ばれたということです。

これからも自然の中にひそむ不思議なことや面白いこと、はっと気づかされることを書いていきますね。
よろしくおねがいします。
posted by 宇城正和 | 2008/04/03 9:17 AM |
一点だけご忠告を。
「Something Greatは、我々を愛し我々の平和と繁栄、幸せを願って」いるわけではありません。
たとえば太陽が「与えるだけの存在」であって、生きとし生けるものの
成長を願っていたりはしないように、Something Greatも
別に生き物の繁栄を願っていたりはしませんよ。
そんな見方こそ人間のエゴというものです。
「それ」はただ、観察者、実験者の立場に近いとでも申し上げておきましょうか。
なぜ、そんなことを私が言い切れるか、その理由はここでは伏せます。
ただ、人間の常識で考えることがいかに空しいことか、
いかに的はずれであるかを、あなたのような方にこそ知っておいて
いただきたかったので・・・。
posted by つながりし者 | 2009/10/19 7:28 AM |
とってもとっても感動しました。
専門に研究されている方の文章だけあって、
とっても説得力があるし、良く伝わってきます。
進化論が常識に思われている日本人にとって、
画期的な内容だと感じます。

すごい内容なので、私のブログにも宇城氏のお名前で一部引用させてください。

これからも記事を期待しています。
posted by nobuyori | 2010/03/15 6:50 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mushilo.jugem.jp/trackback/208
<< NEW | TOP | OLD>>