地球は生命の星、人やすべての生き物はこの母なる星に抱かれている!植物は母なる地球の愛。地球のすべての生き物を養ってくれています。僕やあなたが生きているのも植物のおかげです。 地球が生命の星であることを忘れないよう、自分、生命、地球、宇宙について、その日に思い浮かんだことを書いていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ハクビシン現る? 10:16
前からみんさんにお知らせしようと思っていたのですが、
すぐ近くの旭小学校の校庭の木に、ハクビシンが住み着いているようなのです。
ハクビシンは白鼻芯と書きますが、これは額から鼻の芯中央部にかけて、白がずっと入っているからです。

9月のはじめごろだっただろうか、宵闇の頃、妻と娘と3人で散歩をしていると、民家の庭からごそごそと物音がして、電信柱を生き物が登っていきました。
ネコだなと思っていると、
なんと、電線を伝って歩いているではありませんか。

ネコが電線の上を歩いているのなんて、
見たことがありません。
すぐにハクビシンだと家族で納得しました。

ハクビシンは哺乳動物でジャコウネコ科に属します。
尾っぽを除いた頭胴の長さは約50 cm、体重2〜3 kg、時に5 kgにもなります。
ネコほどの大きさです。
夜行性で果物や木の実など何でも食べる雑食性です。

そのハクビシンが我が家の2回のベランダに来ているようなのです。
もう、3箇所も糞が発見されました。

なぜ、ネコではなくハクビシンと推定できるのか。
まず、糞の匂いは臭くありません。
ネコのように動物食の場合は、臭いがきつくなりますが、
ハクビシンは主に植物食なので、臭いはネコのように臭くはないのです。

糞の大きさがネコのサイズと良く似ている。
次に糞の中身を観察すると、植物の種らしきものがたくさんみられます。
また、ここには写真をお見せできませんが(糞の写真なんて1枚で十分!)、
別の糞には柿の種まで入っているではありませんか。

犬や狸は2階のベランダには登れません。
カラスや鳥類の糞とはサイズが違いますし、
鳥類特有のあの白い物質(尿酸)が入っていません。
それで、近くの小学校の木に住み着いているハクビシンと推定したのです。

他の動物である可能性も否定はできませんが、
おそらくハクビシンでしょう。
なにか情報をお持ちの方がいらっしゃったら教えてください。
ハクビシンをペットとして飼っている人もいます。

とにかく、野生のようにして我が家の近辺にいるハクビシンはこれからも
観察を続けたいと思っています。
彼(彼女)は自然の果物や木の実を主食としているので、
元気なはずです。

野の鳥たちも
さまざまな個性ある鳴き声を発し、
元気に飛び回っています。
自然のままのものを食べているかです。

我が家の今日のお弁当は全部玄米。
月に1、2回あります。
自然のままに近いものを食べると元気がでます。
ミネラル米を食べたいな。

四街道の休耕田をリタイアした人たちのマンパワーで
植物性ミネラルや良い有効微生物を使って、
復活させたいなあ。
お米や、それに今は雑穀も人気があります。
蕎麦もいいかも。

時間とお金がほしいです。
地域を農業によって活性化し、そのような地域をたくさん増やしていく。
点から線へ、そして面へ。
日本の食糧自給率を上げましょう。

どうせやるなら、世界で最先端のミネラル豊富な農作物を!
みなさまのご協力が必要です。




| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 宇城正和、Kazu Ushilo
スポンサーサイト 10:16
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








管理者の承認待ちコメントです。
posted by - | 2013/08/17 9:23 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
posted by - | 2014/06/20 11:33 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mushilo.jugem.jp/trackback/65
<< NEW | TOP | OLD>>